シャボテン公園は動物放し飼いで餌やりできる!けど子連れだとお金がかかります(^^;


こんにちは!お久しぶりです、ユウです(^‐^)/
令和元年が始まりましたね。10連休となったゴールデンウィークは皆さんどのようにお過ごしになりましたか?我が家は伊豆に3泊4日で旅行に行っていました。以前宿泊した「せせらぎの宿 湯本楼」に泊まったり、キッチン付きの素泊まり宿に泊まったりしてぐらんぱる公園とシャボテン公園に行ってきました。今回はそのうちのシャボテン公園の話を綴っていきますよ!

え?佐渡の話はどうしたって??…はい、ごめんなさい。あれこれ忙しかったもんで、すっかり忘れておりました。こちらは写真を見ながら思い出し思い出しで、暇のある時にでも書けたらいいなーってことで(大汗)

今は記憶の新しいうちに、シャボテン公園のレビューいきますよ!

スポンサーリンク

さて、シャボテン公園ですが。まずはセブンチケットに登録して前売り割引券を購入して行きましょう!
私は前日夜にセブンチケットに登録して、出かける当日朝にネットで引換券を予約して、通り道のセブンイレブンでチケットを購入しました。
前売り券を持っていくとチケット購入の列に並ばなくていいので、チケット売り場は混んでいましたが並ばず入ることができました。



駐車場から公園の入り口までは、なだらかな坂が続きます。体力のない上の子は途中で何度も「つかれた」と言って休んでいました(^^;ベビーカーや車いすの方はちょっと大変かもしれません。



園内はお花とサボテンがいっぱいです。花がたくさんっていうのはよくありそうですが、そこにサボテンが混じってるっというのはなかなか無いですよね。



入り口を入ると間もなく、カピバラゾーンがあります。ちょっとした柵を入ると、中でカピバラさんがたくさんウロウロしています。飼育員さんが「カピバラがお散歩してるので、蹴らないように足元お気を付けくださ~い」と声掛けしてましたが、ホントに間近にいます。もちろん触る事もできますし。カピバラのエサが売っているので、エサやり体験もできます。写真で子供が手にミトンを付けているのは「エサやりのときにカピバラに噛まれないようにするために必ず付けてください。」と言われたのでつけています。動物好きにはたまらないですね。



こちらはラマです。低い柵なので、こちらも触れますしエサもあげられます。



カンガルーもこんなんに間近で接することができます。基本的に動物は網や檻の中に入っておらず、「○○ゾーン」みたいな感じで放し飼いになっています。おそらく動物たちを守るためであろう、立ち入り禁止ゾーンはありますが(写真では子供が身を乗り出している岩よりもカンガルー側)近くに行って触れますし、「○○のエサ」といった形でいたる所にエサが売っているのでエサもあげられます。子供連れだとエサ代だけでも結構かかるかもしれません。うちも8か所くらいでエサやりしてました( ;∀;)1個200円くらいだっと思います。



鳥も檻のないところにいるので、園内でよく見かけます。トイレの上に孔雀がいてビックリ。


南国にいそうなカラフルな鳥も、園内の木にとまって大合唱してました。よく飛んで逃げていかないなーなんて思います。




こちらの大きな鳥の像は下の方がサボテンゾーンの入り口になっています。ここで注意していただきたいのは、この入り口を入ると5つのサボテン温室を巡る一本道になりますので、途中で出ることができません。子供が動物好きの場合は途中で飽きます。うちの上の子は途中で何度も「もう出たい。動物のところに行きたい」と言っていました。

サボテン温室ですが、中にはフクロウが放し飼いになっています。





こちらも間近で見ることができます。私もそうですが、あまりにも近くにいるのでついつい写真を撮りたくなってしまうので、フクロウがいるとそこで渋滞がおこります(>_<)列が止まって「なんで進まないの?」と思うことがあったらフクロウがいると思いましょう。


また、こちらも注意していただきたい点なのですが、園内で持ち込みで食事をしようと思っている方はこのリスザルを見つけたら、食べ物を盗られるので逃げたほうがいいです。食べ物を持っているという事がわかると、バッグにしまってもバッグを狙ってくるのでとにかく早めにその場を離れてください。私もクリームパンを盗られて残りをバッグにしまったら、私の肩に飛び乗ってバッグを狙いに来ましたし、近くのベンチでやはり食事中だった家族連れも、食べ物を盗られていました。動物は嫌いではありませんが、ちょっとイラっとしました(苦笑)園内に「サルに注意」くらいの看板があってもいいんじゃないかな?と思いますが、そういった表示も見かけなかったので、覚えておいてくださいね。ランチはできれば園内のレストランで食べたほうが無難です。

注意点まとめ


子供連れで楽しく過ごせるシャボテン公園ですが、注意点をまとめますと
・連休中などの混む時期は先に前売り券を買っておく
・サボテンゾーンは途中で出られない
・持ち込みランチはサルに注意
・いろんな所に動物のエサがあるのでちょっと出費がかさむ(笑)

といったところでしょう。

子供たちと楽しい思い出をたくさん作ってくださいね!

スポンサーリンク

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 
プロフィール


ユウと申します。
ブログ訪問
ありがとうございます。

旅行大好き!
実際に利用した宿の様子をお届けします。

詳しいプロフィールは
こちら!


サイトマップ

運営者情報

お問い合わせ
お子さんの学習にいかがですか?
 
アーカイブ
最近のコメント

カテゴリ一覧

サイト内検索


最近の投稿
よく読まれている記事



リンク集

ページの先頭へ