「せせらぎの宿 湯本楼」

富士山

 

こちらは静岡県にある
「せせらぎの宿 湯本楼」のレビューです。

スポンサーリンク




☆ご訪問いただきありがとうございます☆
☆記事に進む前に応援クリックいただけると励みになります(^-^)☆







ここは渓流沿いにある旅館です。
渓流沿いのため、旅館前に車を横付けすることができません。
駐車場から旅館までは坂道や階段が長いので
荷物が多いとちょっと大変です。
うちは気ままなちびっ子がいるので旅館まで5分以上かかりましたが
サクサク歩ければ5分以内で着けると思います。

☆お風呂☆
こちらのお風呂は温泉です。
本館、別館ともに入ってすぐにお風呂があります。
本館は桧風呂、別館は岩風呂です。
どちらも家族風呂で利用時間も予約などは必要なく
空いていれば自由に利用することができます。

こちらは檜風呂

湯本楼 桧風呂

桧風呂には子供のおもちゃがありました。

湯本楼 桧風呂おもちゃ

洗い場にはリンスインシャンプーと固形石鹸、浴用タオルがありました。
浴用タオルは2本あったのですが
正直なところ忘れ物なのか、旅館側が置いているのかは
ちょっとわからない感じでした(^_^;)

浴槽のすぐ横が洗い場になっているので
石鹸の泡が浴槽に入らないよう注意が必要です。

そしてこちらは岩風呂。

湯本楼 岩風呂

湯本楼 岩風呂脱依所

お風呂に行くには、短いですが少し急な階段があるので
足元の悪い方や小さなお子さんは注意してください。
脱衣所はコンクリート打ちっぱなし(^_^;)
あと、天井が低いです。
夫が身長175cmで頭がギリギリだったと言っていたので
175cm以上の方は頭をぶつけないよう注意が必要です。
こちらは桧風呂より熱いので
水を足して入りました。
熱いお風呂がお好みの方は
桧風呂より岩風呂がオススメです。

こちらは本館休憩所。

湯本楼 桧風呂休憩所

ここにはドライヤーが2台と
カールドライヤーが2台ありました。
私はどちらも使わなかったので
パワーや使い勝手に関するコメントはできません(>_<)

温泉は24時間利用できますが
夜間は施錠するようで
本館宿泊者は本館の桧風呂
別館宿泊者は別館の岩風呂のみの利用になるそうです。

☆お部屋☆
トイレとお風呂は一緒になっています。

湯本楼 部屋風呂

こちらの部屋風呂は温泉が出るそうです。
お風呂が利用中の場合は
お部屋でも温泉が楽しめて嬉しいですね(^-^)
狭いですが洗い場もありましたよ。

お部屋の窓から見える風景。
朝日が渓流に反射して
幻想的な雰囲気がとても素敵でした!

湯本楼 部屋からの景色

部屋にいてもサラサラと流れる水の音が
日々の疲れを癒してくれますよ(^-^)

☆食事☆
夕食、朝食ともに部屋食でした。
どちらも女将さんらしき方が
一人で運んできて配膳までしてくれました。

こちらは夕食

湯本楼 夕食

朝食も部屋食でした。
時間は7:00~8:30までで選べます。
私たちが利用したときは
指定した時間に布団を上げてからご飯だったので
ご飯が食べられるのは指定した時間の30分後くらいでした。

早くにお出かけの予定がある方は
朝食は早めにお願いしたほうがいいと思います。

チェックイン後、チェックアウト後にお時間のある方は
是非渓流沿いを散歩してみてください。
文学碑や足湯があるので、楽しめると思います。

駐車場から旅館までが遠いことが
子連れとしてはマイナスですが
お風呂が家族風呂であること、
朝夕とも食事が部屋食であることが
ポイント高いと思います。



ご興味のある方はプランをチェックしてみてくださいね(^-^)

→「せせらぎの宿 湯本楼 」の詳細・宿泊プランはこちら!






※2014年12月現在のレビューです。
宿泊プランなどによってお部屋や料理は異なると思いますので
詳細はホテルにお問い合わせください。


☆ランキングに参加しています☆
応援いただけると喜びます(^-^)/







スポンサーリンク

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 
プロフィール


ユウと申します。
ブログ訪問
ありがとうございます。

旅行大好き!
実際に利用した宿の様子をお届けします。

詳しいプロフィールは
こちら!


サイトマップ

運営者情報

お問い合わせ
最近のコメント
アーカイブ

カテゴリ一覧

サイト内検索


最近の投稿
よく読まれている記事

まだデータがありません。




リンク集

ページの先頭へ